TOEIC600点を目指す人のための英単語学習法

この記事はTOEIC400点未満から始める中学英語の復習方法の続きです。
TOEIC400点未満の人は、ぜひチェックしてみてください。

TOEICで最初の目標としてよく掲げられるスコアは600点だと思います。

実際、就職や転職活動ではTOEIC600点以上あれば強みとして十分にアピールできます。

さて前回の記事では、中学英文法と最低限の発音を身につけた段階で到達するTOEICスコアは400点前後と書きました。

今回は、400点レベルから600点を取得するために最も大事な、英単語の学習法について書いていきたいと思います。

目次

TOEIC600点を目指す人におすすめの単語帳

中学英文法を身につけてもTOEICで高得点が取れないのは、圧倒的な単語力不足だからです。

逆に言えば、単語力を身につければTOEIC600点レベルはすぐに届くと思います。

知らない単語を片っ端から覚えてもいいですが、とんでもない労力になるので、はじめのうちは単語帳を使うのが良いと思います。

TOEIC400点クラスの人が取り組むべきは『銀のフレーズ』です。

本書の魅力はなんといっても、収録単語の出題頻度の高さです。

著者のTEX加藤氏は、ほぼ毎回TOEICを受験し、最高点である990点を何十回と取っている有名TOEICer(トーイッカー)です。

そんな著者だからこそ、TOEICに出る単語だけを凝縮した非常に質の高い一冊に仕上がっています。

また、単語がフレーズ式で収録されているのも好感度が高いです。

単語帳の多くは、見出し語とその単語を使った例文が載っている例文式です。

例文式は、覚えた単語がどう使われるのかを確認できる点は素晴らしいのですが、1単語につき1例文を読み解くこと自体が大きな負担です。

一方、『銀のフレーズ』は見出し語を親和性の高いフレーズで載せています。

『銀のフレーズ』は、1単語のフレーズ2~3語程度でまとまっているので、覚える労力が段違いに少なく済みます。

質と労力の観点から、TOEIC600点を目指すのに『銀のフレーズ』以上の単語帳はないでしょう。

英単語の覚え方

英単語の覚え方でおすすめなのは、目と耳と口を使うことです。

目だけで覚える(読むだけ)より3倍覚えやすくなります。

目と耳と口を使う方法とは、ひたすら音読をすることです。

私は『銀のフレーズ』はもちろん、そのあとに取り組んだ『金のフレーズ』『金のセンテンス』『Duo3.0』『Core1900』『文で覚える英単語準1級』など、すべての英単語帳で音読を繰り返して覚えました。

音読をすることで発音も身につくのでリスニングの対策にもなります。

音読といってもイメージがわきづらいと思いますが、要は、付属する音源に合わせて音読を繰り返すだけです。

『銀のフレーズ』は、ダウンロードもしくはアプリで音源が聞けるようになっているのでそれを利用します。

余計なことは考える必要ありません。単語帳に書いてある単語の意味をイメージしながら英語部分を音読するだけです。

非常にシンプルな方法ではありますが、効果は絶大です。

とはいえ、これだけシンプルな方法だと以下のような疑問が生まれるかと思います。

  • 日本語から英語にする練習はしなくていいのか
  • 単語帳に書いてある意味だけでいいのか

次は、こうした疑問に答えます。

英→日、一語一義でよい理由

とりあえず英語からイメージするだけで良いと私が考える理由は、英→日のほうが一度に多くの回数をこなせるからです。

やってみるとわかりますが、イメージ(日本語)→英語で新しい単語を覚えるのは、英語→イメージ(日本語)で覚えるよりずっと難しいです。

もちろん、いずれは日→英も覚える必要がありますが、まずは英→日と割り切ってしまったほうが精神的にぐっと楽になります。

また、英単語の意味も、まずは1単語につき1つ覚えればよいです。

これも同じ理由です。まずは覚えやすい形で集中的に覚えるのを優先することで、精神的負担を減らしましょう。

長く英語の学習を続けていれば、いつか結局、勝手に覚えてしまいます。

英単語学習の極意は、1回の負担を減らす代わりに回数をこなすことに尽きます。

どうしても覚えられない単語の対処法

単語帳をベースに勉強を進めていると、ある時点で、「完全に覚えた単語」と「なかなか覚えられない単語」が出てきます。

私の体感では、この割合が8:2くらいになってきたタイミングで、勉強法を変えるのが効果的のように思います。

どんな方法に変えるかというと、なかなか覚えられない単語だけを集めてしまうというものです。

こうすることで、なかなか覚えられない単語の中で「覚えやすい単語」と「覚えにくい単語」が出てきます。

あとはこれを繰り返せば、あっという間に覚えきることができるでしょう。

この覚えられない単語だけを集めるのはノートなどでももちろん構いませんが、スマホやPCで勉強することに抵抗がないのであれば、『Anki』というアプリがおすすめです。

AnkiMobile Flashcards

AnkiMobile Flashcards

Ankitects Pty Ltd¥3,060posted withアプリーチ

暗記カードのように表面と裏面に単語を登録して勉強するアプリなのですが、Ankiは復習のタイミングを最適化して出題してくれるので、効率的に学習できます。

ここまでの到達点

中学英文法と最低限の発音に加えて、『銀のフレーズ』レベルの単語帳をこなせば、TOEICで600点前後のスコアを獲得できると思います。

私はこれに加え『金のフレーズ』を半分くらい学習した段階で受けたTOEICで695点を取得することができました。

英単語の学習に終わりはありません。今でも私は、知らない単語が出てきたらAnkiに登録をし、毎日復習をしています。

自分なりの覚え方を早く見つけ、どんどん覚えていくのが大切です。

最後にもうひとつだけアドバイスがあります。

それは、覚えた単語を忘れてしまうことを恐れないでほしいということです。

人間は忘れる生き物です。忘れたってまた覚えなおせばいい。

軽い気持ちで続けることこそが、最強の単語学習法だと私は思います。

この記事は連載記事です。
本記事の内容をクリアしたら、次はTOEIC700点を目指す人のための問題集の勉強法という記事がおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

毎日の生活をもっと楽しく、いきいきと過ごすために日々奮闘しています。取得資格はTOEIC925点、英検準1級、日商簿記2級など。趣味は読書とブログ執筆。当ブログ以外にも2つのサイトを運営しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる