【車を持たない暮らし】カーシェアが超便利!ミニマリストにおすすめな理由

人生における大きな買い物は家、車、保険(生命保険)と言われています。

人によってはこの3つで生涯合計1億円を払っていてもおかしくありません。

ともなれば、節約を考えたくなるのが自然な流れ。

というわけで今回は、人生三大支出の中でも車にかかる費用の節約と、車を持たない暮らしについて書いていきたいと思います。

のり太

車必須と思われがちな地方都市で、車を持たない暮らしを実践している私がレビューします!

目次

自動車、本当に必要ですか?

チューリッヒ保険会社によると、車の維持費は平均して年額約22万5千円だそうです。

これに車の本体代金が入るので、10年で大体500万円ほどの出費になると考えられます。

10年に1回の買い替えで4サイクル、合計40年間の車生活だと生涯で2,000万円の出費です。

しかし果たして、2,000万円もの価値を見出すほどに、車を使うことをできているのでしょうか。

私はこれまでの人生で何度も、車が欲しいと思いました。

しかしそのたびに、車を所持するのにかかる費用を計算し、コスト比較をして、買わない選択肢を選び続けています。

車そのものが好きでたまらない人は、買えばいいと思います。

でも私のように、車は移動手段のひとつと割り切っている人は、コスト比較をしてみることをおすすめします。

 

コスト「比較」って言ってるけど、何と比較すればいいの?

のり太

それが、今回取り上げる「カーシェア」です!

カーシェアという選択肢

カーシェアという言葉、よく聞くようになったとは思いますが、まだその中身まで知っている人は多くないかもしれません。

私が利用しているタイムズカーシェアの印象を簡単に言ってしまえば、短時間のレンタカーというイメージです。

タイムズカーシェアは、登録をするとカードが発行されます。

あとは、アプリ上で時間を指定して予約し、時間になったらその場所に行くだけ。

車の鍵は、車に設置されているカードリーダーにカードをかざすことで開きます。返すときも同様です。

詳しくはタイムズの公式ホームページに書かれているので参考にしてみてください。

 

へぇー、めっちゃ簡単。でも、高いんでしょ?

のり太

タイムズカーなら15分220円(税込)~でガソリン代も不要です!

タイムズカーの料金設定は非常にシンプルで、普通車であればガソリン代も含めて15分220円(税込)で使うことができます。

価格がわかれば、あとは自分の生活スタイルに置き換えて計算をするだけです。

わが家の場合、日常の買い物は車なしで済ませられるので、使ってもせいぜい週末だけです。

たとえば週末に5時間車を使う計算だったとして、かかる費用は月間約5,000円です。

もしこれが車を所持していたら、車のローンと駐車場、ガソリンなどで少なくとも月に30,000円はかかるはず。

そう考えたらカーシェアのほうが得だという判断になりました。

もちろん、上記の仮定は人によって変わりますし、そのときのライフスタイルによって大きく変わるものなので、誰しもが安く済むというわけではありません。

しかし、車を持たなければいけない、と「思考停止で」考えている人は、一度計算して比較をしてみるとよいと思います。

カーシェアのデメリット

個人的にはカーシェアに満足していますが、カーシェアでは満たせないニーズもあります。

まずは、マイカーに比べて気軽さがないという点。

時間ギリギリでも空いていれば予約できるので、レンタカーよりは借りやすいですが、やはり自宅駐車場に停めてある車と違って、ステーション(駐車場)まで借りにいかなければいけないのは負担に感じます。

私の場合、最寄りのステーションまで徒歩で約10分のところに住んでいるのですが、雨の日や暑い日などはおっくうに感じます。

それから、時間単位でお金が発生するので、借りている間は時間にシビアになりがちなのも、デメリットだと考えています。

のり太

私だけかもしれませんが、車を借りている間は無駄な行動をしないようにしようと考えて、いつも時間を気にしてしまい、機嫌が悪くなってしまうことも…

とはいえ、冷静に考えればカーシェアにかかるお金は安すぎるくらいなので、気持ちを切り替えられればさほど大きなデメリットではないと思います。

まとめ

私のように、車の所有欲がない人や、いま現在所有しているものの毎月の支払いがキツイなぁと感じる人は、カーシェアを検討してみてはいかがでしょうか。

マイカーに比べて不便な点も確かにあります。

しかし、コスト面で考えると、カーシェアは大きな節約につながる可能性を秘めているのも間違いありません。

それこそ、浮かしたお金を家賃に回して公共交通機関のアクセスの良いところに引っ越すという手もあります。

「車を持たない暮らし」をひとつの選択肢として考えてみていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

毎日の生活をもっと楽しく、いきいきと過ごすために日々奮闘しています。取得資格はTOEIC925点、英検準1級、日商簿記2級など。趣味は読書とブログ執筆。当ブログ以外にも2つのサイトを運営しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる